左右対称に現れてくるシミ

左右対称に現れてくるシミ

「肝斑」と呼ばれるシミというのは、30〜50代頃を迎えることで現れやすいシミの一つとなります。そもそも肝斑というのは、顔を鼻から半分に分け、ハッキリと左右対称に現れてくるシミのことを指し、他にも骨周辺に出てくるといった特徴を持っています。

しかし逆に高齢になると殆ど現れなくなる特徴を持ち、30代頃になって肝斑が出来てしまったとしても、50代を過ぎる頃に徐々に薄くなり始め、最終的には殆ど目立たなくなります。中にはビタミン類の導入や、マッサージを併用するクリニックもあり沖雲効果を期待出来ます。

しかしクリニックでは濃くなる可能性は低く、その分何度も通い続けなければいけないというデメリットがあります。多くの人が悩んでいるシミですが、シミと言いましても様々な種類があるものです。

治療法についてですが、皮膚科などで使用するレーザーを使った施術がクリニックの方法でどれよりも一般的です。そこで美容整形クリニックで施術を受けることで、そのような原因不明の肝斑を薄くすることが出来たり、またうまくいけば完全に消えてしまうこともあります。

レーザーの使用で、治療回数を減らすメリットがあるのですが、逆に肝斑が濃くなり目立ってきてしまったという症例もあるようです。現在においては、ホルモンバランスの変化や、紫外線の影響により、現れてくるのでは?と言われています。

肝斑というのはもちろん万に一も珍事シミというワケではありませんが、残念ながらその出来てしまう原因についてはまだハッキリと解明されていません。